最新情報

2018年3月17日
MUGEN学院BLOG
5年連続、公立高校入試全員合格!!!!
こんにちは、MUGEN学院穂積駅前教室の木村です。受験指導で多忙だったため本当に久しぶりの更新になりますが、と・・・
2018年2月23日
MUGEN学院BLOG
岐阜高専合格発表
こんにちは、MUGEN学院穂積駅前教室の木村です。今日は午前10時から岐阜高専の合格発表があり、当塾塾生の山下・・・
2018年2月20日
MUGEN学院BLOG
学年末テスト対策真っただ中
こんにちは、MUGEN学院穂積駅前教室の木村です。今中1・中2の学年末テスト対策真っただ中です。毎日自習や対策・・・
2018年2月13日
MUGEN学院BLOG
効果的な暗記方法(英単語編)
こんにちは、MUGEN学院穂積駅前教室の木村です。中学3年生は公立高校・国立高校入試、中学1・2年生や高校1・・・・

5年連続、公立高校入試全員合格!!!!

こんにちは、MUGEN学院穂積駅前教室の木村です。受験指導で多忙だったため本当に久しぶりの更新になりますが、とても素晴らしい報告があります。当塾の中3塾生たちが無事全員公立高校入試で合格を勝ち取ることができました。少し心配していた生徒もいましたが、直前まで必死に頑張り、合格という最高の結果を収めてくれました。

高専の入試で惜しくも残念な結果だった生徒もいましたが、公立高校入試では持っている自分の力を最大限発揮し、大輪の花を咲かせてくれました。入試後、公立入試がとても簡単に思えたという感想を私に述べてくれましたが、難しい高専の問題に粘り強く頑張ってきた成果だと思います。やはり頑張ってきたことは無駄ではなかったと感じた瞬間でした。

開校以来、5年連続の公立高校入試全員合格という喜ばしい結果となりましたが、今度は現在の中2、中1の生徒にそのたすきをぜひ後輩にもつなげていってほしいと思います。そのためにも、私自身今回の喜びをかみしめながらも、次の受験生の力になっていけるように、新たな気持ちで頑張っていきたいと思います。

最後に中3受験生のみんな、本当によくがんばりました。合格した今の気持ちを本当に大事にして、新たなステージで精一杯自分を高めてください。困ったときはいつでも気兼ねすることなく塾に相談に来てください。これからも力になっていきます。改めて合格おめでとう!!!!!

岐阜高専合格発表

こんにちは、MUGEN学院穂積駅前教室の木村です。今日は午前10時から岐阜高専の合格発表があり、当塾塾生の山下さんが見事建築学科に合格しました。今年度の建築学科は、21名のところに77名もの受検者があり、とても厳しい状況でしたが、直前までひたむきに頑張った成果が見事花開きました。本当におめでとう、厳しい状況の中よく頑張りました。

一方で、今回残念ながら花開かなかった生徒もいました。しかし僕はその生徒に言ってあげたいことがあります。花開くことを夢見て、土の中でしっかりと自分の根を伸ばし、大きく葉をつけ、上に向かって本当に頑張っていたと思います。今日まで頑張ってきたこの時間は絶対無駄ではありません。たとえ今花開くことはなかったとしても、次しっかり花開くための力をじっと蓄えるために必要な時間だったのです。だからいつまでも落ち込んでいる場合ではありません。公立高校合格に向け、気持ちを切り替えなければなりません。今は本当につらいとは思いますが、でも乗り越えられない壁を神様は与えません。きっとこの壁を乗り越えてくれると僕は信じています。

最終目標はもっと先にあります。その目標に向けてのアプローチの仕方が少し変わっただけです。自分の夢に向かって、ひたむきに頑張るその姿勢を失わず、そしてこの悔しさをばねに、もう一つ大きく成長しましょう。頑張るのは君だけじゃない。僕たちもちゃんとその力になります。苦しさ・くやしさに負けずに頑張れ!!

 

学年末テスト対策真っただ中

こんにちは、MUGEN学院穂積駅前教室の木村です。今中1・中2の学年末テスト対策真っただ中です。毎日自習や対策で頑張る沢山の塾生の中を、駆けずり回っている日々が続いています。穂積中学校は明日まで、穂積北中学校は22日が学年末テスト日です。このテスト結果が、3学期評定、ひいては学年評定、入試評定に大きく影響します。最後まで油断なく、どの教科もまんべんなく学習を進め、しっかりと結果を残しましょう。最後まで必死に頑張れ!!

効果的な暗記方法(英単語編)

こんにちは、MUGEN学院穂積駅前教室の木村です。中学3年生は公立高校・国立高校入試、中学1・2年生や高校1・2年生は期末テストを控え、テスト対策で本当に毎日大忙しの日々を送っています。より良い結果を求めて一生懸命取り組もうとする生徒が日に日に多くなってきて、目の奥に真剣さがにじみ出ている生徒の表情を見ると、とても頼もしく感じます。そんな生徒た知の頑張りに精一杯答えていくためにも、一人ひとりに一層きめ細やかに指導していきたいと思います。

さて今日は、英単語の効果的な暗記方法についてお話ししたいと思います。私はもともと公立中学校・小学校で10年ほど英語の教諭として働いていました。その後塾講師となり、様々な生徒さんを相手にして行く中で、このように英単語を勉強すると、より効果的に英語を学習することができると思える方法がいくつか見えてきましたので、今日はそれを紹介します。

単語は英語の命です。単語を覚えることなしで、英語を正しく理解することはできません。覚えるために何度も書いて練習する人が多いかと思いますが、ただやみくもに練習していても、その効果は薄いです。まず2回なら2回、3回なら3回で覚えきるという意識が大切です。そしてきちんと覚えたかどうかを自分でその都度テストすることが大切です。ある程度練習をして覚えたと思ったら、左手で隠して一度書いてみます。正しく書けていれば次に進み、もし間違っているならば、再度つづりを確認して練習する、といった風に正しく覚えたかどうかを毎回確認するようにします。

練習するときに声を出しながら練習することも効果的です。以前からこの声を出すことの効果については生徒たちに伝えてきましたが、TVで脳科学で有名な茂木健一郎先生も『声を出さないよりも、出した方が4倍早く覚えることができる』とその効果を実証されていました。また『ドラゴン桜』の中でもその効果については紹介されています。声を出すことによって、自分が今書いている単語がどのように発音され、どんな意味をもっているのか、どうつづりと結びつくのか、自分自身に言い聞かせながら練習することで、ひとつひとつの単語に対する意識が高まります。単語のつづりのパターンも徐々に見えてきて、少ない回数でも、しっかりつづりを覚えきることができるようになります。単語を覚えるのが苦手という生徒は、ぜひ発音しながら練習することを実践してみてください。

また単語を覚えても、それぞれの単語が文の中のどの位置に置かれ、どのような働きをしているのかを理解しなければ、本当の意味で単語を理解したとは言えません。品詞ごとにその単語の使い方というのは異なります。適切な位置に当てはめることで正しい英文がつくれますし、読み取りの際にも、正しく読み進めることができるようになります。英文のパターンはたった5つしかありませんから、そのパターンを覚えてしまえば、英文理解はさほど難しいことではありません。単語を覚える際、品詞も一緒に覚えしまう、このひと手間を惜しまずかけていきましょう。

入試問題の長文問題も例年どんどん長くなってきて、それに対応するための単語量も、ゆとり世代の時と比べると、格段に多くなってきています。大変ですが、覚えた分だけ理解が深まります。短時間でより効果的に覚えていくために、上記のことをぜひ実践してみてください。

このページの先頭へ